過払金:裁判をして、1社から70万円を回収した事例

・和歌山市在住
・年代 50代
・性別 男性
・家族構成 既婚
・職業 会社員
・弁護士受任前の負債総額 47万円
・相手方 ジェーシービー
・過払金回収額 70万円

相談時の状況、相談のきっかけ

依頼者は、ジェーシービーとの間で、長年取引がありました。依頼者はまだ負債の返済中でしたが、長期間借入と返済を繰り返していたため、すでに過払金があるのではと思い、相談されました。

当事務所を選んだ理由

依頼者は以前、別の消費者金融との間での過払請求を当事務所に依頼されたことがあり、今回も当事務所にご相談されました。

解決までの手順

受任後、取り寄せた取引履歴を、利息制限法で引き直し計算したところ、過払金元金約69万円と利息金が、あることが判明しました。当初、任意での示談交渉を行ないましたが、ジェーシービーから過払元金額を下回る44万円で和解したいと申出がありましたが、とても納得できるものではありませんでした。そこで、ジェーシービーに対し、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起しました。依頼者は、過払元利金全額の回収よりも、早期の返還を優先されていたこともあり、最終的には、過払元金70万円の返還を受ける内容で裁判外の和解をし、裁判を取下げることになりました。

解決のポイント(所感)

時間をかけてでも、裁判で判決まで持ち込んで、過払元利金全額の回収を図るか、回収額で多少譲歩しても、早期の回収を図るか、どちらが正解というものではないですので、当事務所では依頼者の希望に沿った解決が実現できるように努めています。このケースでは、依頼者も納得できる金額での過払金の早期回収が実現できて、よかったです。