過払い金:示談交渉と裁判で、4社から過払金合計509万円を回収した事例

・ 海南市在住
・ 年代 50代
・ 性別 男性
・ 家族構成 既婚
・ 職業 会社員
・ 弁護士受任前の負債総額 32万円
・ 相手方 オリエントコーポレーション、セディナ、ポケットカード、アコム
・ 過払金回収額 509万円(オリエントコーポレーション273万円、セディナ150万円、ポケットカード31万円、アコム55万円)

相談時の状況、相談のきっかけ

依頼者は、オリエントコーポレーション、セディナ(旧OMCカード)、ポケットカード、アコムとの間で、長年取引がありました。最近、セディナ以外の借金については完済しました。消費者金融と長年取引をしていれば過払金を返してもらえることがある、と知りました。

当事務所を選んだ理由

地元の弁護士で過払金を取り扱っている弁護士をインターネットで調べ、当事務所に相談されました。

解決までの手順

受任後、各社から取り寄せた取引履歴を、利息制限法で引き直し計算したところ、オリエントコーポレーションに過払金元金約203万円と利息金が、セディナ(旧OMCカード)については既に完済扱いとなったうえ過払金元金約144万円と利息金が、ポケットカードに過払金元金約24万円と利息金が、アコムに過払金元金約65万円と利息金が、それぞれあることが判明しました。
オリエントコーポレーションには、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起し、最終的には、過払元金合計273万円の返還を受ける内容で裁判上の和解をしました。
セディナ(旧OMCカード)には、金額が大きいので、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起し、最終的には、過払元金合計150万円の返還を受ける内容で裁判外の和解をし、裁判を取下げることになりました。
ポケットカードには、これまでの対応に鑑みて、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起し、最終的には、過払元金31万円の返還を受ける内容で裁判外の和解をし、裁判を取下げることになりました。
アコムには、依頼者が早期の返還を希望されていましたので、過払元金と利息金の返還を求める示談交渉をし、最終的には、過払元金55万円の返還を受ける内容で和解をし、早期の返還を受けました。

解決のポイント(所感)

依頼者も納得できる金額での過払金の回収が実現できて、よかったです。