時効主張:37万円の支払を求める支払督促を受けたが、時効を主張して、支払を免れた事例

・和歌山市在住
・年代 40代
・性別 男性
・家族構成 既婚
・職業 会社員
・負債総額 約37万円
・債権者 オリンポス債権回収

時効主張の結果

・負債総額 0円

相談時の状況、相談のきっかけ

依頼者は、自動車ローンを組んで自動車を購入しましたが、生活費に余裕がなくなり、途中で支払いをしなくなって、10年以上経過しました。そうしたところ、自動車ローン会社から債権譲渡を受けたというオリンポス債権回収から、突然、債務残元本約37万円と高額な遅延損害金の支払いを求める支払督促を申立てられ、裁判所から文書が届きました。

当事務所を選んだ理由

依頼者の兄弟が心配され、当事務所に相談を勧められました。

解決までの手順

直ちに、裁判所に、消滅時効を援用(主張)するという内容の支払異議申立書を提出するとともに、念のため、オリンポス債権回収に、消滅時効を援用(主張)するという内容の内容証明郵便を送付しました。そうしたところ、オリンポス債権回収は、支払督促を取下げました。

解決のポイント(所感)

債権者のなかには、既に時効期間がたっている債権について、あえて支払督促や裁判を起こしてくる業者がいます。ですので、裁判所から支払督促や訴状が届いた場合、所定の期限内に適切に対応する必要がありますので、絶対に放置してはいけません。