過払い金:裁判をして、オリエントコーポレーションから過払金100万円を回収した事例

・ 和歌山市在住
・ 年代 40代
・ 性別 女性
・ 家族構成 既婚
・ 職業 会社員
・ 弁護士受任前の負債総額 6万円
・ 相手方 オリエントコーポレーション
・ 過払金回収額 100万円

相談時の状況、相談のきっかけ

依頼者は、オリエントコーポレーションとの間で、長年取引があり、返済を続けた結果、残高が減少してきましたが、消費者金融と長年取引をしていれば過払金を返してもらえることがあると知りました。
当事務所を選んだ理由
過払金を取り扱っている地元の弁護士をインターネットで調べ、当事務所に相談されました。

解決までの手順

受任後、オリエントコーポレーションから取り寄せた取引履歴を、利息制限法で引き直し計算したところ、過払金元金約81万円と利息金のあることが判明しました。
当初、オリエントコーポレーションから、5か月後の50万円返還か、10か月後の72万円返還か、どちらかで和解したいと申し出がありましたが、これを断り、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起しました。
最終的には、過払元金100万円の返還を受ける内容で裁判外の和解をし、裁判を取下げることになりました。

解決のポイント(所感)

貸金業者側も、近年、過払金返還資金を確保するのが大変のようで、返還時期の先延ばしを申し出てくることも、珍しくありません。とはいえ、裁判を提起したとしてもある程度時間がかかりますので、早期の返還を優先させるか、あるいは返還率を優先させるかは、なかなか悩ましいところです。このケースでは、裁判を提起した結果、裁判案件のわりには比較的早期の返還が実現でき、かつ返還率も高い内容での過払金が回収できて、よかったです。