過払い金:裁判をして、アイフルから過払金合計150万円を回収した事例

・紀の川市在住
・年代 50代
・性別 男性
・家族構成 既婚
・職業 会社員
・弁護士受任前の負債総額 0万円
・相手方 アイフル
・過払金回収額 150万円

相談時の状況、相談のきっかけ

依頼者は、アイフルとの間で、長年取引がありましたが、最近、完済しました。その後、消費者金融と長年取引をしていれば過払金を返してもらえることがある、と知りました。

当事務所を選んだ理由

過払金を取り扱っている地元の弁護士をインターネットで調べ、当事務所に相談されました。

解決までの手順

受任後、アイフルから取り寄せた取引履歴を、利息制限法で引き直し計算したところ、過払金元金約157万円と利息金のあることが判明しました。そこで、アイフルに対し、過払元金と利息金の返還を求めて、裁判を提起しました。当初、アイフルから、経営状態の悪化を理由に80万円で和解したいと申し出がありましたが、返還率が低いことから、これを断り、裁判を続けました。裁判では、アイフルから、悪意の受益者性の否認、返済遅れによる期限の利益喪失などの主張がなされましたが、最終的には、早期の返還を優先させることにし、過払金150万円の返還を受ける内容で裁判外の和解をし、裁判を取下げることになりました。

解決のポイント(所感)

経営状態が悪いという消費者金融に対し、どこまで裁判で徹底的に争うか、あるいは早期の返還を優先させるかは、なかなか判断の難しい問題です。裁判で徹底的に争われますと、かなりの時間がかかってしまい、万一、かつての武富士のように、その間に倒産されてしまうと、ほとんど回収できなくなってしまうからです。このケースでは、最終的には依頼者も納得できる金額の過払金が回収できて、よかったです。